So-net無料ブログ作成
観・聴・読 ブログトップ
前の5件 | -

NFL Super Bowl Pregame-Show with Stievie Wonder [観・聴・読]

来年2月5日にデトロイトで開催される,アメリカンフットボールNFLの決勝戦Super Bowlについて.続報です.

始めにおことわり.本来の「アメフト」の話ではないです.すみません.

前回までのあらすじ

今シーズンのデトロイト・ライオンズは相変わらずふがいない試合を連続し,かつて鳴り物入りで就任した監督の更迭,ファンからは球団トップの解任要求がでるなど,まさにデトロイトフットボール界には鬱憤が充満しております.そんな今シーズン,デトロイトで開催されるSuper Bowl.恒例のハーフタイムショーにローリングストーンズが起用されることが決まりました.

これに対してデトロイトエリアの新聞,ラジオ,ブログ,テレビ等,あちこちからNFLに対する非難の声があがっています.何が楽しくて2年連続で他国出身の60超えたおじさんの歌を聴かなきゃならないんだと.職場で同僚の米人に話をふってみたところ,「せめてアメリカの歌手を使って欲しいよねぇ・・・」なる答えが.かくいう僕もせっかくデトロイトで開催するのにローリングストーンズが出演ってどないやねん.というエントリを書いたばかりです(自己トラックバックしました).

このニュースの続報というかなんというか.
今日になってちょっと嬉しいニュースが飛び込んできました.

NFL lines up Stevie Wonder for Super Bowl pregame show
http://www.freep.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20051205/NEWS11/51205017

AP通信によると,12月5日,ユニバーサル・モータウンレコードグループの戦略的マーケティング担当副社長Lori LambertがAP通信に対し,スティービーワンダーがSuperBowlのプレゲームショー(試合前のショー)に出演して,少なくとも3,4曲を披露するかもしれないと語ったそうです.他にも何組かのアーティストがTBA(未定)ながら出演が予定されているとのこと.

これに対しNFLのスポークスマンは,「プレゲームショーの準備はまだしていない」としがらも,「もし,もう一度スティービーと仕事ができるなら(スティービー・ワンダーは1999年にハーフタイムショーに出演しています)ワクワクするね」というコメントを残しているそうです.

まあ一応,天下のAP通信がニュースソースということですので,おそらく「実現」かなという印象があります.ショーの一部はテレビ中継もされるということですので,楽しみにしたいと思います.

デトロイトエリア最大の地方新聞であるDetroit Free Pressは,今回のローリングストーンズがハーフタイムショーを担当するというニュースに対して,かなり辛辣に批判していた印象があります.そのあとすぐにこういうニュースが出せる,なかなか商売上手ですね.

それにしても,今回の話でデトロイトの人たちが「デトロイトの音楽」に対してちゃんと愛着と自負を持っているんだということが分かりました.まぁ,地元マスコミが,最近ちょっと元気のないこのエリアを元気づけようと若干演出を加えているという面もあるとは思いますが.

ちなみに,Super Bowlの会場となるFord Field.屋根付き全天候型スタジアムでフィールドは全面人工芝のとても新しい球場です.この間のマラソンのゴール地点だったので,ゴールしたあと芝生の上でわざと転んだり寝ころんで天井を眺めたりしてきましたが,すごく良い気持ちでした.先の週末,ミシガン州内ブログネットワークのFantasistaさんが観戦に行っていたそうです.フィールド内部の写真を掲載している彼の記事にもぜひご注目下さい.

So-net blog:Cafe Fantasista "堕天使のつぶやき":初NFL
http://blog.so-net.ne.jp/cafe-fantasista/2005-12-04

ともかく,デトロイトには,こんな外野ニュースではなくフットボール本来の話題でアメリカ全土を驚かせてもらいたいのですが・・・


The Song of "YATSURA"... [観・聴・読]

へいへい,いよいよ俺たちの季節だぜ,イェイイェイ.
うすのろなヤツらを懲らしめてやるぜ,イェイイェイ.

続きを読む


Flight Patterns [観・聴・読]

面白いWebページを見つけたので紹介させて下さい.

Flight Patterns
http://www.aaronkoblin.com/work/faa/

カリフォルニア大学のリサーチアシスタント,Aaron Koblinさんの作品紹介ページです.FAA(連邦航空局)のデータを解析して表示したという作品なんですが,非常にアーティスティックです.

僕のお気に入りは以下の作品,BGMはスターウォーズ:帝国のテーマでどうぞ.
(ダースベーダーが出てくるときに流れる,ジャャーンジャンジャン,ジャッジャジャーンてやつ)
http://www.aaronkoblin.com/work/faa/color.html

この作品,米国上空をフライトしている飛行機を動画で表示したモノなんですが,多いときで2万を超える飛行機がアメリカ上空を飛んでいるんだそうです.すごいですよね.

わが家の住むディアボーンは,ミシガンの玄関口デトロイト・ウェイン国際空港の近くにあるので,着陸したり離陸したりした飛行機をいつも眺めることができます.いつも見上げている飛行機たちがこの作品の点のひとつだと思うと不思議な感じもしますね.

それにしてもAaronさん,この髪型でUCLAの「統計学科」のリサーチアシスタントなんだって.めちゃクール.
http://www.aaronkoblin.com/bio.html


NPR: National Public Radio [観・聴・読]

最近の日課.

朝,出勤して,

Podcastsには膨大な数のチャンネルがあって,どのチャンネルを聴くか迷っているだけで1日がすぎてしまいそうになるのですが,僕のお薦めは公共放送をやっているラジオ局が提供するPodcasts.餅は餅屋と言うべきか,個人が趣味で運営しているPodcastsにくらべて,断然に音質が良く,番組の作り方もしっかりしていますね.

僕が良く聴いているのは上述のNPR Podcasting.その日その日のヘッドラインニュース,注目のトピック,音楽の話題やテクノロジーレビューなど色々なジャンルの番組を配信していて,それぞれの番組も結構面白い.

デトロイト在住のBlog友達,Diceさんが以前紹介してくれたデトロイトのラジオ事情の記事でもNPRについて紹介されていますね.Diceさんの記事にあるとおり,このエリアには非常にたくさんのラジオ局があって,これまたどれを聴いて良いのやら全く分からないほどです.その分周波数帯もすごく混み合っていて,チューニングが大変だし電波状況の悪い建物の中なんかでは隣の局同士が干渉しあったりして音質が悪化,うまく聴けなかったりします.

Podcastsは聴きたい番組をファイルとして手元のマシンにダウンロードして楽しめるので,聞き直しも自由,インタビューで出てきたちょっと気になる表現を巻き戻して確認する,なんてことも簡単.最近ではたいていのラジオ局がPodcasting対応になりつつあるようですね.

例えばトーク番組なんかを聴いても,話の内容は正直言って半分くらいしか分からないし,これで英語のヒアリング力が向上するなんて期待しすぎかもしれないけど,継続は力なり,何もしないよりはマシかな.手帳に「今日はちゃんと聴きました」マークつけたりしてまるで小学生のように楽しんでいます.

参考Webサイト
PublicRadioFan.com
http://publicradiofan.com/podcasts.html
世界のPodcasts配信を提供しているラジオ局のリスト


Behind the Magic - 50 Years of Disneyland [観・聴・読]


一人の男のイマジネーションが,世界中の家族にとって一番幸せな場所を作った.

近所にあるHenry Ford Museumで,この週末に開幕した特別展“Behind the Magic - 50 Years of Disneyland”を見に行ってきました.

続きを読む


前の5件 | - 観・聴・読 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。